車のエンジンの歴史

事故車買取カーネクスト 事故車/廃車トッドコム 事故車買取の<タウ>

高値査定ならココ!

手続きがカンタン!

平均27万の高額査定

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

車のエンジンの歴史

自動車エンジンの長い歴史:〜エンジンの話〜

 

私たちが今、当たり前のように使い、当たり前のように名称として呼んでいるエンジン。

 

さまざまなものにエンジンが使われ、その形もさまざまです。

 

実は、そこにたどり着くまでには長い歴史があるのですが、皆さんはご存知でしょうか。

 

ここでは、さまざまなエンジンがありますが、特に18?19世紀中ごろまでに主役となっていた蒸気エンジンについてのお話をしていきます。

 

車のエンジンの歴史
中型貨物車のエンジンを下部から見た図

 

○自動車としてのエンジンが見出されたのは18世紀のこと

 

自動車のエンジンは内燃機関と呼ばれることもありますが、この内燃機関の一種は13世紀ごろから使われていたと言われています。

 

その後もさまざまな研究が海外では進み、世界初のエンジン搭載自動車が出てきたのは1769年のことでした。

 

世界初の自動車を作り出したのは、フランスの軍事技術者のニコラ=ジョゼフ・キュニョー。

 

このようなものが作り出されたのは、国民の乗り物としての自動車ではなく、1756年から1763年の間続いた七年戦争の敗北がきっかけだったとされています。

 

実は、世界初の自動車とは、当時の大砲を運搬する物だったのです。

 

この車はキュニョーの砲車と呼ばれ、巨大かつ、速度は10km/h出るか出ないか程度。

 

当時はすべてを馬に任せていた時代ですから、今では徐行と呼ばれるスピードであっても、それなりの成果はあったのでしょう。

 

ブレーキが搭載されておらず、実験走行中に激突事故を起こしたり、実際に戦場で使われたりすることのなかったキュニョーの砲車。しかし、これがきっかけとなって、さまざまな蒸気自動車が研究されることになります。

 

なお、このころの日本はまだ江戸時代の後期に入ろうとしていたころです。

 

田沼意次が老中として即位したような時代になります。

 

徳川将軍は第10代の家治や11代の家斉の頃でしょうか。

 

平賀源内のエレキテルもこの頃ですね。

 

○19世紀前半もやはり蒸気機関を積んだ自動車の開発が進みますが…

 

19世紀に入り、蒸気機関は少しずつですが、馬に変わって庶民の生活にも浸透し始めます。

 

1801年、イギリスのリチャード・トレビシックは蒸気機関車のデモ走行に成功、さらに3年後には世界初の蒸気機関車と呼ばれるペナダレン号を作ることになります。

 

そのリチャード・トレシビックの作ったデモ蒸気機関車(パフィング・デビル号)の走行を見たゴールズワージー・ガーニー。

 

そこから研究を重ねて、1825年に特許を取得、1827年、ついに乗合自動車を開発します。

 

18人乗りで、馬車の速度と同程度のスピードが出た(平均すると20km/h程度)のだそうです。

 

蒸気の走行になるので、とにかく水が必要で、かつボイラーのような大きな装備が必要でした。

 

しかし、まだ蒸気機関は開発途上で、ボイラー自体に不安を覚える人も多いのではないか?とガーニーは考えます。

 

そこで、ボイラーをけん引するための蒸気けん引車を作り、少しでも不安を取り除こうと考えました。

 

さらに、同時期には、ウォルター・ハンコックがボイラーの新型の特許を取得し、蒸気バスを運行し、ロンドンで世界初となるバスの運行を開始します。

 

一見、上手くいっていたように見えるイギリスの自動車開発ですが、思わぬところからその牙城を崩しにかかる人たちが出てくるのです。

 

○馬車の輸送事業をしている人たちが利益を守るため…

 

そんな中、イギリスで蒸気自動車に待ったをかけてきたのは、馬車の輸送事業を経営している人たちでした。

 

自分たちの利益を守るため、権力者などと共に、その後有料道路法案を成立、蒸気自動車の通行料を10倍以上取るなどの暴挙に出てしまったのです。

 

さらには1861年になると、いわゆる赤旗法(ロコモティブ・オン・ハイウェー・アクト)が成立、1865年に全面施行されることになります。

 

速度は街中でおよそ3キロ、郊外でもおよそ6キロを上限として、運転手と機関員のほか、およそ60メートル前方には赤旗(夜は赤ランタン)を持って先導する者がいないと運行できないというものでした。

 

イギリスでは、これが引き金となり、蒸気機関を積んだ自動車の開発が遅れることになりました。

 

それよりも高性能な鉄道の開発もあり、ウォルター・ハンコックの蒸気バスも姿を消すこととなります。

 

しかし、この赤旗法は1896年まで少しずつ緩和はされていったものの、決して廃案になることはありませんでした。

 

車のエンジンの歴史
ホンダのB18C型エンジン

 

車のエンジンの歴史
20世紀の名作!トヨタのA型エンジン

 

○蒸気機関を使ったエンジンの問題点

 

蒸気機関は長い間開発が進み、今では蒸気機関車などに用いられていますが、当時は大きな問題を抱えていたと言います。

 

それは、機関自体の問題です。

 

まず、現代の蒸気機関車を見てもお分かりの通り、機関がとても大きいという問題があります。

 

現代の鉄道は、運転席の車両にも乗客が乗れるようになっていますが、蒸気機関車は運転車両と乗客の車両が別車両になっていませんか?

 

安全面などの考慮もありますが、やはりどうしても機関が大きくなってしまうのが欠点です。

 

これが自動車にくっついていると考えればお分かりの通り、現代の自動車のような小型化は相当難しいです。

 

次に起動面の問題です。

 

蒸気機関は十分に温まっていなければならず、稼動するまでにものすごく時間がかかったと言います。

 

そして、最後は安全面です。

 

火を使い、水を使い、常に蒸気を発する蒸気自動車。今の自動車と違い、素メンテナンスには本格的な技術が必要で、メンテナンス不十分で爆発などの事故も多くあったのだとか…。

 

そこから蒸気エンジンに代わるものとして、電気自動車やガソリンを使った内燃機関(いわゆるエンジンのこと)が開発されているきっかけになっていくのです。

 

車のエンジンの歴史
昭和のトヨタクラウンのM型エンジン

 

車のエンジンの歴史
日産シルビアのSR20型エンジン

 

歴史を見ていくだけでも、かなり奥深い自動車のエンジンを中心とした歴史。

 

内燃機関の一種とはいえ、13世紀ごろからエンジンに代わるものが世界では使われていたということに驚きです。

 

19世紀後半から今のエンジンに近い形にどんどんなっていくのですが、その経過にも注目ですね!

タイミングベルト:交換すべき?交換のタイミングは?

自動車に欠かせない陰の立役者!タイミングベルトについて自動車を動かす上でなくてはならない部品、それがタイミングベルトと呼ばれるものです。車検時にタイミングベルトを交換した方が良いと言われたことはありませんか?これが切れてしまうと大変なことになるのですが、存在すら知らない人が結構多いと言います。ここで...

 

レギュラーとハイオクを間違えると故障しますか?軽油の場合は?

同じ自動車の燃料なのに油種間違いで故障?エンジンとガソリンの密接な関係世界のさまざまな情勢もあり、近年、ガソリンの価格は上昇傾向にあります。以前は、レギュラーガソリンが1リッター100円でも値段が上がったと叫んでいましたが、それでも近年では考えられないほどの破格だったのです。そんな時、ガソリンスタン...

 

タイヤアライメントの調整は重要:車の骨盤矯正のようなもの

自動車の骨盤矯正!?タイヤアライメント調整のススメ!これをご覧になっている人の中には、腰痛や体の歪みで悩み、整体やマッサージを受けている人がいるかもしれません。実は、自動車にも骨盤矯正に当たる作業があるのをご存知でしょうか?それが、タイヤアライメント調整と呼ばれる作業です。タイヤ専門店で交換をすると...

 

自分でできる自動車の補修について

自動車の補修をしてみよう!〜自分で作業する際に気をつけておきたいこと〜愛車をうっかりぶつけてしまった!そんなとき、あなたならどうしますか?自動車をぶつけてしまうと、ほぼ確実に傷がつき、外観を大きく損ねてしまいます。よほどの凹みでない限り車検は通るし、正常に走行できるわけですが…やはり、気になるのは周...

 

愛車を高く売るには?ポイントを解説。

すぐに活かせる!大切な愛車を高く売るための3つのポイント車を所有している人にはいつかは訪れる、愛車を手放すとき。下取り?買い取り?廃車処分?主な方法としてこの3種類が考えられます。今回は買い取りや下取りの際に大切になってくる車の査定ポイントやなるべく高く値段を付けてもらえるコツとポイントをご紹介して...

 

環境汚染〜排ガス問題〜

排気ガス問題と環境汚染について最近になって発覚した、相次ぐ外国産車の排気ガスの問題…何がいけないの?と思う方もいるかもしれません。はたまた、排気ガスの何が…?という人もいるでしょう。排気ガスは、地球温暖化をはじめ、さまざまな環境破壊、健康被害を生み出すとされています。ここでは、排気ガスについて詳しく...

 

自動車リサイクル技術は進化中!

自動車リサイクル技術の高度化について今となっては1家に1台、当たり前のようにある自動車ですが、その自動車を発明したのは誰だかご存知でしょうか。今のガソリンエンジン車の元となる車を発明したのがエチエンヌ・ルノワールというフランス人で、その時の燃料はガスでした。そして、本格的なガソリン車が初めて作られた...

 

暑さ対策:廃車工場の場合

廃車工場で働く者達の暑さ対策いよいよ、季節は夏本番ですね。特に今年の暑さは異常で、熱中症で病院に搬送された人は去年の2倍にもなったそうです。このような中で働くには、どのような仕事をしていても集中力を持続するのに苦労してしまいますね。それでも最近は、多くの企業にクールビズが浸透して、普段より空調の温度...

 

プレス機:自動車をスクラップにするための機械

自動車スクラップに使用されるプレス機について我々が “スクラップ” と聞いてまず想像するその形は、まるで洗濯されて水を含んだまま ギュッと絞られた衣服のように鉄の塊がペシャンコになった姿ではないだろうか。自動車があそこまでにコンパクトになってしまうのだから、一体どれほどの力が加わっているのだろう。そ...

 

タイヤの交換時期は?性能を持続させるために。

タイヤの基礎知識(1)〜性能と交換時期について〜自動車を所持していく上で、外見上も、安全面でも大切になってくるパーツ、それがタイヤです。タイヤは道路と接地している唯一のパーツで、人間の体にたとえると、靴と同じものだといわれています。タイヤはさまざまなサイズとタイプがありますが、それぞれにどのような特...

 

車検の料金:複数の業者で比較すると違いが出るのはなぜ?

なぜ車検費用は業者によって違うの?一般の乗用車は、新車購入時には3年に1度、その後は2年に1度車検を受けることが義務付けられています。しかし、その費用は、任せる業者によって大きく異なります。しかし、車検を受ける費用は、本来は同じはずなのですが…一体何が違うのか、そして車検の結果にどのような差を生み出...

 

車の異常:警告灯

愛車の異常を感知せよ!|警告灯から分かる異常愛車が何かおかしい!自動車も機械である以上、いつかは不具合を起こし、最悪の場合は故障という流れにつながってしまいます。車のオーナーが悪い場合もありますが、一般の人間では避けきれない事情も多くあるのです。しかし、ほとんどの場合は普段から注意深く乗っていると、...

 

車のヘッドライトの豆知識

夜間走行のお供ヘッドライト!〜意外と知らないライトのいろは〜夜の走行やトンネルや森の中など、暗いところを走行するのに欠かせないヘッドライト。近年では省電力ながらも明るく、濃霧や大雨の中でも視界をクリアにしてくれるタイプも登場しています。しかし、なんでも装着できるというわけではなく、規定のサイズや明る...

 

ワイパーは自分で交換できますよ!

ワイパーを自分で交換してみよう!雨の日や雪の日、そして視界不良の時には窓ガラスをきれいにしてくれる役割があるワイパー。ディーラーで何となく言われ、または自動車屋さんで言われて何となく交換している人も多いでしょう。ワイパーは定期的に交換しないと視界不良の原因となり危険です。視界不良な危険な状態ワイパー...

 

中古パーツの話。自動車修理にもっと活用すればいいのに…

中古パーツは自動車修理の救世主!?自動車の不具合は、思ってもみないところで遭遇してしまうこともあります。通常の故障のほかにも事故や災害、違法改造など…さまざまなケースがありますが、安全走行を考えれば修理をしなければなりません。走行に負担がかかるようなケースであればなおさらです。しかし、修理にはどうし...

 

海外におけるレンタカー・カーシェアリングの現状

■海外のレンタカー、カーシェアリング事情〜実際にある?日本との違いは?〜日本の…特に若い世代のマイカー離れは深刻なようで、自動車の売り上げ台数はここ近年、急激に少なくなってきているのだそうです。これは、マイカーはダサい、あるいは公共機関の発達により、自動車自体を運転しないようになったというのが一番の...

 

エンジンの音や状態からわかる異常

愛車の異常を感知せよ!|エンジンの音や状態から分かる異常自動車のちょっとしたこと…不安に思ったことはありませんか?普段と違う音がしたり、乗り心地が違ったり、急にスピードが上がったり…症状は車両や状態によってまちまちですが、ユーザーを不安にさせることには変わりありません。警告灯からではまったく分からな...

 

車の安全装置:ブレーキ編

自動車には安全装置がいっぱい!〜ブレーキ編〜現在のようなエンジンのついた自動車が開発されてから早100年以上、自動車開発は当時では想像もつかなかったであろう領域まで進化しました。30年位前と比べてもだいぶ大きく変わっているのですから、ここ近年の技術開発はすごいんだなと感心してしまいます。今回は、そん...

 

異常感知:車に乗ってあれおかしいなと思ったら。

愛車の異常を感知せよ!|乗っていておかしいな?と思ったら…このシリーズも第三弾、今回は乗っていておかしいな?と思う可能性がある、やや上級編の内容となります。自動車に乗っている人の大半はディーラーや修理工場にメンテナンスを任せているようです。しかし、自分で気づくことがあれば、未然にトラブルを防いだり、...

 

中古車選びで注意すべきポイント

中古車を買いに行こう!〜車選びの際に注意しておきたいこと〜中古車とは、オーナーが使用して売却した車両を再整備して販売している車のことを指します。日本の中古車は質が良く、新車と比べると値段も安いのが特徴です。需要はとても高く、場合によってはディーラーが再販売することもあります。しかし、中古車を選ぶには...

 

中古車の輸出事情

海外で活躍する中古車たち〜海外への輸出事情について〜自動車に限らず、純日本製品は質が良く、日本人が思っている限界を超えてもなお外国では高額で取引されていたり、現役で走っていたりします。海外の中古車関連第一弾は、海外に輸出できるようになるまでどのような書類や手続きが必要なのか、または海外ではどのような...

 

車のエンジンの歴史

自動車エンジンの長い歴史:〜エンジンの話〜私たちが今、当たり前のように使い、当たり前のように名称として呼んでいるエンジン。さまざまなものにエンジンが使われ、その形もさまざまです。実は、そこにたどり着くまでには長い歴史があるのですが、皆さんはご存知でしょうか。ここでは、さまざまなエンジンがありますが、...

 

マツダのロータリーエンジンとレシプロエンジン

マツダのロータリーエンジンが復活!?レシプロエンジンとの違いは?2017年、マツダのRX-7が復刻するというニュースが話題となっています。RX-7は、マツダの代名詞ともいえるロータリーエンジンを積んだスポーツカーですが、普通のエンジンとは大きく違う点が一つの人気の理由です。ここでは、ロータリーエンジ...

 

三菱自動車の燃費試験不正行為

三菱自動車の燃費試験不正行為が発覚!私たちに影響はあるの?2015年9月のフォルクスワーゲンによる排気ガスの問題に続き2016年4月、今度は三菱自動車による燃費試験の不正行為の問題が世間を騒がせています。ekワゴン、ekスペースのオーナーに、三菱車のファン、そして三菱自動車工業が製造していた日産車の...