車に関する四方山話(2)

事故車買取カーネクスト 事故車/廃車トッドコム 事故車買取の<タウ>

高値査定ならココ!

手続きがカンタン!

平均27万の高額査定

車の「整備不良」や「不正改造認定」とは?

知らず知らずに整備不良や不正改造認定。あなたは大丈夫?今日は、主に乗用車に適用される道路交通法違反のうち、意外と知られていない違反のひとつ、整備不良や不正改造についてご紹介していきます。不正改造と聞くと昔のマッドマックスという映画に出ていた車のようなものを想像する人もいるかもしれませんが、これは決し...

 

第二種運転免許:タクシーの免許は誰でも取れる?

タクシーの第二種運転免許って誰でも取得できるの?街中を歩いていると、私たちが普段運転している車両とは違うナンバープレートを付けている車を見かけます。これは、俗にいう「営業ナンバー」と呼ばれるもので、普通車以上は緑色のプレートに白い字、軽自動車は黒いプレートに黄色い字で作られているものです。通常のナン...

 

プラグ:ガソリン車に必須のスパークプラグのこと

ガソリン車に絶対に必要なパーツ!スパークプラグのいろは近年、環境に配慮されたクリーンエネルギーを使った自動車が多くなってきていますが、昔からのガソリン車、ディーゼル車は変わらず沢山走っています。そんなガソリン車になくてはならいパーツ、それがスパークプラグと呼ばれるパーツです。ここではスパークプラグの...

 

意外と知らない交通法規:違反者にならないために

あなたは大丈夫?意外と知らない交通法規で違反者続出!?自動車の免許を取得するとき、ほとんどの人が教習所へ通ったり、合宿による免許取得を目指したりするでしょう。中には、指定の教習所で一発取得を狙う人もいるかもしれません。その中で、いろいろな交通法規に関する勉強をしますが、すべてが網羅されることはほとん...

 

道路交通法の例外規定

道路交通法は絶対!?〜覚えておきたい例外規定…もし違反に納得がいかなかったら?〜意外と知らない交通法規に続き、道路交通法で定められている例外規定についてお話を進めていきます。例外規定とは、道路交通法上は違反であっても明確な理由があり、それが認められる場合、違反にはならないというものです。しかし、違反...

 

本当に電気自動車の時代が来るの?費用面からみると・・・

これからの時代は電気自動車!?費用の面から見えてくる特徴とは?今まで知らぬ間に(?)進んでいた環境破壊を食い止めるべく、世界で環境保護が盛んに叫ばれています。私たちでもできること…ゴミを減らしたり、使用するエネルギーを節約したり、普段からさまざまな取り組みを、皆様もされていることでしょう。そんな中、...

 

飲酒運転!〜加害者、被害者にならないために〜

自分以外の人も地獄へ突き落す飲酒運転!〜加害者、被害者にならないためにも〜道路交通法のお話をいくつか書いてきましたが、やはり最後は忘れてはならないのが「飲酒運転」ではないでしょうか。今まで過去に何度もテレビや新聞などで「飲酒運転による死亡事故」が報じられているにもかかわらず、いまだにそのトラブルはな...

 

車を公道で走らせるための各種手続き

自動車をその場で購入し、乗って帰れないのは何故?〜公道で走るためのさまざまな手続き〜自動車を購入すると決めた瞬間「この車のオーナーだ!」と、気分が盛り上がる人も多いかと思います。しかし、実際に購入を決めて、契約をしてから手元に届くまでは時間がかかることも多く、イライラしてしまう人が多いのも事実です。...

 

ドバイの警察が使うパトカー

1台2億円!?ドバイの警察が使うパトカーはスケールが違う近年、何かと話題にのぼる中東。その中でも、知名度上位に位置する都市の一つが、アラブ首長国連邦(UAE:United Arab Emirates)、お金持ちの街としても有名な「ドバイ(dubai)」ではないでしょうか。実は、このドバイ(Dubai...

 

車の防犯対策:いたずらや窃盗を防ぐために

自動車のイタズラや窃盗にご用心!防犯対策と注意事項を知っておこう!近年、自動車の窃盗、車上荒らしの件数は年々増えているのと同時に、狙われる車の傾向も変わってきました。自動車ディーラーではイモビライザーと呼ばれる特殊なキーを使用するなど対策に追われています。しかし、現状ではそのイモビライザーも破られて...

 

マイカー離れが進行中。車を持たないという選択はアリ?

マイカー離れが深刻化…自分の愛車を持たないのはお得なのか?1960年代半ばには新・三種の神器として自動車、クーラー、カラーテレビと言われるほど人気になったマイカー。持つこと自体がステータスであり、当時のトレンドだったのですが、今では時代も変わり、マイカーを持たない人が増えてきたと言われています。これ...

 

タイヤのホイールは見た目だけじゃなくて機能も大事

正しいホイール選びは自動車長持ちへの第一歩!1〜ホイールの基礎知識〜タイヤ選びの際にセットで検討することもあるホイールですが、みなさんはどうやって選んでいるでしょうか?見た目や値段など、さまざまな要素があると思いますが、その中でも一番気にしておきたいのがサイズです。しかし、サイズもただタイヤがハマれ...

 

車のOEM

OEMとは…OEMは「Original Equipment Manufacturer」の略で、他社ブランドの製品を製造すること、またはそういった製品を製造する企業のことをいいます。家電メーカーや自動車メーカーなどではよくある事業形態です。自動車の場合、メーカーのエンブレムを付け替えて、それ以外の外装...

 

「金融車」にはご用心

金融車とは…「金融車」はローンの返済が終わっていない車が、所有者(=ローン会社)の意思に関わらず売買されている車のことを指します。当然のことながら、車を他者に譲渡する際、自動車検査証(車検証)に記載されている所有者が許可しなければ、書類上で所有者の名義変更などはできません。ローン車の場合は、殆どはロ...

 

正しいドライビングポジション・ミラーの調整

悪いドライビングポジション「悪いドライビングポジション」としてよくあるパターンは2つあり、1つ目はシートを過剰に前方に出して、ハンドルに張り付くように運転しているパターンです。この運転方法ではハンドルやアクセル・ブレーキの操作に支障をきたす可能性があり、また前方に意識が行き過ぎてミラーからの情報を見...

 

「車台番号」と「職権打刻」

「車台番号」と「職権打刻」について「車台番号」は自動車等(原動機付き自転車も含む)に打刻する、その車両固有の番号です。自動車の車台番号は「道路運送車両法」によって打刻することが義務付けられており、車のどこか目立たない場所に打刻されています。「車台番号」がどういう時に必要になるかというと、「自動車保険...

 

愛車のメンテナンス、やってますか?時期・タイミングが大事です。

時期が来たら是非やっておきたい愛車のメンテナンス!自動車のパーツや油脂類は消耗品も多く、乗り続けていれば、必ずどこかでメンテナンスや交換が必要になります。車検や法定点検のときにまとめて整備を入れる人もいますが、なるべく愛車に負担をかけないようにするためには、日常のメンテナンスが大切です。ここでは、是...

 

コルベット:車高が低いアメリカ車

コルベットの車高は、なぜペッタンコなのか。アメ車好きには、たまらないフォルム、そして、あのくぐもったようなエンジン音。シボレー社のなかでもコルベットは永くコアなファンを獲得している車種です。ただどうしてあのようなペッタンコな車高が可能なのか。これはエンジンの歴史を紐解くことでわかります。NASCAR...

 

タイヤのインチアップについて

インチアップの意味タイヤのホイールを大型化することをインチアップといいます。自動車は時代と共に走行性能を向上していき、昔は出せなかったような速度をどんどん出せるようになったため、それに対応できるブレーキの性能向上も必要でした。そして、インチアップの本来の目的は、大型のブレーキ(より性能の高いブレーキ...

 

自動車保険(任意保険)のこと

自動車保険について知ろう!〜保険のいろはと加入のススメ〜万が一の事故のために、自動車保険に入っておきましょうとは言いますが、果たしてどのくらいの人が加入しているのでしょうか。保険会社の調べでは地域差はあるものの、所有者のおよそ7割?8割くらいのが自動車保険に加入しているのだそうです。自動車保険は強制...

 

車のマフラーの役割とは?

マフラーの役割マフラーは、「包み込む・音を消す(鈍くする)」という意味をもつ英語の「muffle(マッフル)」に、接尾辞の「er」を加えた言葉で、その名前の通り、車(エンジン)から発生する騒音を減らすためについています。排気装置全体のことを指して「マフラー」と呼ぶ場合もありますが、正確には排気装置の...

 

日本車と外車(外国産車)

国内で活躍する輸入車たち〜日本車と外国産車の歴史〜日本から多くの車が外国に旅立ち、外国で活躍しているという話を展開してきましたが、ここでは、逆に日本で活躍する外国産車についてのお話を中心にしていきます。今日では当たり前のように日本の道路を走っている外国産車、いわゆる「外車」ですが、外車は一体どのよう...

 

車中泊してますか?

エコノミークラス症候群に注意エコノミークラス症候群は、飛行機のエコノミークラスで起きやすかったのが由来ですが、飛行機以外の環境でも「長時間同じ体勢でいる」「水分を取らない」などの条件が重なって血流が滞ると、エコノミークラス症候群を発症します。実際に、東日本大震災や熊本地震の影響で車中泊が増えましたが...

 

珍しい違反行為があるけれど・・・

運転方法に関する違反●水たまりなどを徐行しない水たまりやぬかるみで徐行せず、汚水を跳ね上げてしまうドライバーも多いですが、これは道路交通法違反です。ただし道路側に明らかに問題があった場合は、道路を管轄する行政に損害賠償請求することができます(非常に稀なケースですが)。●ながら運転(安全運転義務違反)...

 

4輪駆動(4WD)の特徴について

4WDの仕組み4WDとは、「4 Wheel Drive」の略で、日本語訳すると「4輪駆動」となります。自動車は基本的には前輪が2輪、後輪が2輪の4輪で構成されており、その4輪全てがエンジンから動力を得て回転するものを4輪駆動と呼びます。また、AWDという呼び方をされることもあり、その場合は「All ...

 

飲酒運転の罰則・基準

飲酒運転の基準「飲酒運転」と呼ばれることが多いですが、道路交通法における違反の正式な名称は、「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」のふたつがあり、それぞれ異なる基準が定められています。@酒気帯び運転呼気中のアルコール量が0.15mg/Lを超える状態で車を運転すると、酒気帯び運転とされます。また、酒気帯び運...

 

ATの種類:フロアAT・コラムAT・インパネAT

フロアシフトとはフロアシフトは運転席と助手席の間のフロア(床)にシフトレバーが付いたものを指します。教習車はこのタイプであることが多く、運転免許を持っている方であれば、殆どの人が一度は運転したことがあるでしょう。数年前(2010年頃)は、最も一般的なタイプでした。フロアシフトはシフトポジションを把握...

 

車のスパイクタイヤってご存知ですか?

スパイクタイヤとはスパイクタイヤとは、凍結した路面を滑らずに走行するためにタイヤ表面に金属などで作られた鋲(=スタッド)を埋め込んだタイヤのことです。現在主に使われている冬タイヤである「スタッドレスタイヤ」というのは、鋲(=スタッド)が無い(=レス)タイヤという意味です。スパイクタイヤは鋲(=スタッ...

 

煽り運転とは:その危険性・罰則・対処法

煽り運転の危険性と罰則煽り運転は単純に煽られた人が不愉快になるというだけでなく、交通事故の原因になる可能性がある大変危険な行為です。煽られたドライバーが焦って速度を出して前方の車に追突してしまい、追突された車のドライバーが重体になったという事故や、バイクを煽って転倒させてしまい、バイクに乗っていた2...

車に関する四方山話(2)記事一覧

車の「整備不良」や「不正改造認定」とは?

知らず知らずに整備不良や不正改造認定。あなたは大丈夫?今日は、主に乗用車に適用される道路交通法違反のうち、意外と知られていない違反のひとつ、整備不良や不正改造についてご紹介していきます。不正改造と聞くと昔のマッドマックスという映画に出ていた車のようなものを想像する人もいるかもしれませんが、これは決し...

≫続きを読む

第二種運転免許:タクシーの免許は誰でも取れる?

タクシーの第二種運転免許って誰でも取得できるの?街中を歩いていると、私たちが普段運転している車両とは違うナンバープレートを付けている車を見かけます。これは、俗にいう「営業ナンバー」と呼ばれるもので、普通車以上は緑色のプレートに白い字、軽自動車は黒いプレートに黄色い字で作られているものです。通常のナン...

≫続きを読む

プラグ:ガソリン車に必須のスパークプラグのこと

ガソリン車に絶対に必要なパーツ!スパークプラグのいろは近年、環境に配慮されたクリーンエネルギーを使った自動車が多くなってきていますが、昔からのガソリン車、ディーゼル車は変わらず沢山走っています。そんなガソリン車になくてはならいパーツ、それがスパークプラグと呼ばれるパーツです。ここではスパークプラグの...

≫続きを読む

意外と知らない交通法規:違反者にならないために

あなたは大丈夫?意外と知らない交通法規で違反者続出!?自動車の免許を取得するとき、ほとんどの人が教習所へ通ったり、合宿による免許取得を目指したりするでしょう。中には、指定の教習所で一発取得を狙う人もいるかもしれません。その中で、いろいろな交通法規に関する勉強をしますが、すべてが網羅されることはほとん...

≫続きを読む

道路交通法の例外規定

道路交通法は絶対!?〜覚えておきたい例外規定…もし違反に納得がいかなかったら?〜意外と知らない交通法規に続き、道路交通法で定められている例外規定についてお話を進めていきます。例外規定とは、道路交通法上は違反であっても明確な理由があり、それが認められる場合、違反にはならないというものです。しかし、違反...

≫続きを読む

本当に電気自動車の時代が来るの?費用面からみると・・・

これからの時代は電気自動車!?費用の面から見えてくる特徴とは?今まで知らぬ間に(?)進んでいた環境破壊を食い止めるべく、世界で環境保護が盛んに叫ばれています。私たちでもできること…ゴミを減らしたり、使用するエネルギーを節約したり、普段からさまざまな取り組みを、皆様もされていることでしょう。そんな中、...

≫続きを読む

飲酒運転!〜加害者、被害者にならないために〜

自分以外の人も地獄へ突き落す飲酒運転!〜加害者、被害者にならないためにも〜道路交通法のお話をいくつか書いてきましたが、やはり最後は忘れてはならないのが「飲酒運転」ではないでしょうか。今まで過去に何度もテレビや新聞などで「飲酒運転による死亡事故」が報じられているにもかかわらず、いまだにそのトラブルはな...

≫続きを読む

車を公道で走らせるための各種手続き

自動車をその場で購入し、乗って帰れないのは何故?〜公道で走るためのさまざまな手続き〜自動車を購入すると決めた瞬間「この車のオーナーだ!」と、気分が盛り上がる人も多いかと思います。しかし、実際に購入を決めて、契約をしてから手元に届くまでは時間がかかることも多く、イライラしてしまう人が多いのも事実です。...

≫続きを読む

ドバイの警察が使うパトカー

1台2億円!?ドバイの警察が使うパトカーはスケールが違う近年、何かと話題にのぼる中東。その中でも、知名度上位に位置する都市の一つが、アラブ首長国連邦(UAE:United Arab Emirates)、お金持ちの街としても有名な「ドバイ(dubai)」ではないでしょうか。実は、このドバイ(Dubai...

≫続きを読む

車の防犯対策:いたずらや窃盗を防ぐために

自動車のイタズラや窃盗にご用心!防犯対策と注意事項を知っておこう!近年、自動車の窃盗、車上荒らしの件数は年々増えているのと同時に、狙われる車の傾向も変わってきました。自動車ディーラーではイモビライザーと呼ばれる特殊なキーを使用するなど対策に追われています。しかし、現状ではそのイモビライザーも破られて...

≫続きを読む

マイカー離れが進行中。車を持たないという選択はアリ?

マイカー離れが深刻化…自分の愛車を持たないのはお得なのか?1960年代半ばには新・三種の神器として自動車、クーラー、カラーテレビと言われるほど人気になったマイカー。持つこと自体がステータスであり、当時のトレンドだったのですが、今では時代も変わり、マイカーを持たない人が増えてきたと言われています。これ...

≫続きを読む

タイヤのホイールは見た目だけじゃなくて機能も大事

正しいホイール選びは自動車長持ちへの第一歩!1〜ホイールの基礎知識〜タイヤ選びの際にセットで検討することもあるホイールですが、みなさんはどうやって選んでいるでしょうか?見た目や値段など、さまざまな要素があると思いますが、その中でも一番気にしておきたいのがサイズです。しかし、サイズもただタイヤがハマれ...

≫続きを読む

車のOEM

OEMとは…OEMは「Original Equipment Manufacturer」の略で、他社ブランドの製品を製造すること、またはそういった製品を製造する企業のことをいいます。家電メーカーや自動車メーカーなどではよくある事業形態です。自動車の場合、メーカーのエンブレムを付け替えて、それ以外の外装...

≫続きを読む

「金融車」にはご用心

金融車とは…「金融車」はローンの返済が終わっていない車が、所有者(=ローン会社)の意思に関わらず売買されている車のことを指します。当然のことながら、車を他者に譲渡する際、自動車検査証(車検証)に記載されている所有者が許可しなければ、書類上で所有者の名義変更などはできません。ローン車の場合は、殆どはロ...

≫続きを読む

正しいドライビングポジション・ミラーの調整

悪いドライビングポジション「悪いドライビングポジション」としてよくあるパターンは2つあり、1つ目はシートを過剰に前方に出して、ハンドルに張り付くように運転しているパターンです。この運転方法ではハンドルやアクセル・ブレーキの操作に支障をきたす可能性があり、また前方に意識が行き過ぎてミラーからの情報を見...

≫続きを読む

「車台番号」と「職権打刻」

「車台番号」と「職権打刻」について「車台番号」は自動車等(原動機付き自転車も含む)に打刻する、その車両固有の番号です。自動車の車台番号は「道路運送車両法」によって打刻することが義務付けられており、車のどこか目立たない場所に打刻されています。「車台番号」がどういう時に必要になるかというと、「自動車保険...

≫続きを読む

愛車のメンテナンス、やってますか?時期・タイミングが大事です。

時期が来たら是非やっておきたい愛車のメンテナンス!自動車のパーツや油脂類は消耗品も多く、乗り続けていれば、必ずどこかでメンテナンスや交換が必要になります。車検や法定点検のときにまとめて整備を入れる人もいますが、なるべく愛車に負担をかけないようにするためには、日常のメンテナンスが大切です。ここでは、是...

≫続きを読む

コルベット:車高が低いアメリカ車

コルベットの車高は、なぜペッタンコなのか。アメ車好きには、たまらないフォルム、そして、あのくぐもったようなエンジン音。シボレー社のなかでもコルベットは永くコアなファンを獲得している車種です。ただどうしてあのようなペッタンコな車高が可能なのか。これはエンジンの歴史を紐解くことでわかります。NASCAR...

≫続きを読む

タイヤのインチアップについて

インチアップの意味タイヤのホイールを大型化することをインチアップといいます。自動車は時代と共に走行性能を向上していき、昔は出せなかったような速度をどんどん出せるようになったため、それに対応できるブレーキの性能向上も必要でした。そして、インチアップの本来の目的は、大型のブレーキ(より性能の高いブレーキ...

≫続きを読む

自動車保険(任意保険)のこと

自動車保険について知ろう!〜保険のいろはと加入のススメ〜万が一の事故のために、自動車保険に入っておきましょうとは言いますが、果たしてどのくらいの人が加入しているのでしょうか。保険会社の調べでは地域差はあるものの、所有者のおよそ7割?8割くらいのが自動車保険に加入しているのだそうです。自動車保険は強制...

≫続きを読む

車のマフラーの役割とは?

マフラーの役割マフラーは、「包み込む・音を消す(鈍くする)」という意味をもつ英語の「muffle(マッフル)」に、接尾辞の「er」を加えた言葉で、その名前の通り、車(エンジン)から発生する騒音を減らすためについています。排気装置全体のことを指して「マフラー」と呼ぶ場合もありますが、正確には排気装置の...

≫続きを読む

日本車と外車(外国産車)

国内で活躍する輸入車たち〜日本車と外国産車の歴史〜日本から多くの車が外国に旅立ち、外国で活躍しているという話を展開してきましたが、ここでは、逆に日本で活躍する外国産車についてのお話を中心にしていきます。今日では当たり前のように日本の道路を走っている外国産車、いわゆる「外車」ですが、外車は一体どのよう...

≫続きを読む

車中泊してますか?

エコノミークラス症候群に注意エコノミークラス症候群は、飛行機のエコノミークラスで起きやすかったのが由来ですが、飛行機以外の環境でも「長時間同じ体勢でいる」「水分を取らない」などの条件が重なって血流が滞ると、エコノミークラス症候群を発症します。実際に、東日本大震災や熊本地震の影響で車中泊が増えましたが...

≫続きを読む

珍しい違反行為があるけれど・・・

運転方法に関する違反●水たまりなどを徐行しない水たまりやぬかるみで徐行せず、汚水を跳ね上げてしまうドライバーも多いですが、これは道路交通法違反です。ただし道路側に明らかに問題があった場合は、道路を管轄する行政に損害賠償請求することができます(非常に稀なケースですが)。●ながら運転(安全運転義務違反)...

≫続きを読む

4輪駆動(4WD)の特徴について

4WDの仕組み4WDとは、「4 Wheel Drive」の略で、日本語訳すると「4輪駆動」となります。自動車は基本的には前輪が2輪、後輪が2輪の4輪で構成されており、その4輪全てがエンジンから動力を得て回転するものを4輪駆動と呼びます。また、AWDという呼び方をされることもあり、その場合は「All ...

≫続きを読む

飲酒運転の罰則・基準

飲酒運転の基準「飲酒運転」と呼ばれることが多いですが、道路交通法における違反の正式な名称は、「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」のふたつがあり、それぞれ異なる基準が定められています。@酒気帯び運転呼気中のアルコール量が0.15mg/Lを超える状態で車を運転すると、酒気帯び運転とされます。また、酒気帯び運...

≫続きを読む

ATの種類:フロアAT・コラムAT・インパネAT

フロアシフトとはフロアシフトは運転席と助手席の間のフロア(床)にシフトレバーが付いたものを指します。教習車はこのタイプであることが多く、運転免許を持っている方であれば、殆どの人が一度は運転したことがあるでしょう。数年前(2010年頃)は、最も一般的なタイプでした。フロアシフトはシフトポジションを把握...

≫続きを読む

車のスパイクタイヤってご存知ですか?

スパイクタイヤとはスパイクタイヤとは、凍結した路面を滑らずに走行するためにタイヤ表面に金属などで作られた鋲(=スタッド)を埋め込んだタイヤのことです。現在主に使われている冬タイヤである「スタッドレスタイヤ」というのは、鋲(=スタッド)が無い(=レス)タイヤという意味です。スパイクタイヤは鋲(=スタッ...

≫続きを読む

煽り運転とは:その危険性・罰則・対処法

煽り運転の危険性と罰則煽り運転は単純に煽られた人が不愉快になるというだけでなく、交通事故の原因になる可能性がある大変危険な行為です。煽られたドライバーが焦って速度を出して前方の車に追突してしまい、追突された車のドライバーが重体になったという事故や、バイクを煽って転倒させてしまい、バイクに乗っていた2...

≫続きを読む